傘の取り扱いについて

ご使用前に必ずご一読ください。

雨傘

使用時

  • 傘を開く際には2〜3回手首をひねるようにやさしく振り、生地をほぐしてから開いてください。ほぐさずに開くと骨に負担がかかり破損の原因となります。

  • 一部でも壊れた状態で使用し続けると、他の部分にも負担がかかり、事故につながる可能性もございます。

  • 杖替わりに使用しないでください。特に中棒に大きな負担がかかり破損の原因となります。

  • 台風や暴風雨、強風時に使用すると、骨が折れたり雨漏りがしたりする場合がございます。

  • 構造上、完全な防水ではないため、長時間濡れた状態が続いたり激しい雨に当たり続けたりすると水が漏れる場合がございます。

  • 中棒にテープが貼ってある場合がございますが、こちらは骨による傷を防ぐためのものです。

  • 折りたたみ傘は中棒を完全に引き出してから開いてください。

  • 長時間直射日光にあたると傘全体の劣化の原因となるため、日傘として使用しないでください。

  • 使い始めは生地の張りが強い場合がございます。傘を閉じるときには上ハジキに指を挟まないよう、十分にご注意ください。

    ※左手の親指と人差し指でロクロを押さえながら、
    中指でハジキを押して傘を閉じる。

  • 玉留とは、傘を持ち歩く際、Wネームで生地を巻かなくとも露先をまとめて収納することができる部品です。
    (一部商品についています)

  • 雨水を切る際は、ロクロを持ち軽く2、3回開閉してください。傘を激しく振ると骨に大きな負担がかかり破損の原因となります。

保管時

  • 使用後は表面をタオル等でやさしく拭き取り十分に乾かしてください。湿気が傘の内部に残っていると骨のサビや中棒の腐食・変形の原因となります。また直射日光に長時間当たり続けると生地が褪色いたしますので天日干しは行わず、必ず室内で乾燥してください。

  • 可能であれば連日のご使用は避け、使用した次の日はしっかり乾燥させるため休ませていただくと傘の寿命が延びます。

  • 杖替わりに使用しないでください。特に中棒に大きな負担がかかり破損の原因となります。

  • 長期間傘を閉じたまま直射日光や室内灯の下に置いておくと、光が当たった部分だけが褪色いたします。長期間使用しない際は紙袋などでくるみ暗所で保管してください。

  • 手元をひっかけて保管すると、手元の傷や開き(あくび)の原因となります。

日傘・晴雨兼用傘 共通

使用時

  • 傘を開く際には2〜3回手首をひねるようにやさしく振り、生地をほぐしてから開いてください。ほぐさずに開くと骨に負担がかかり破損の原因となります。

  • 杖替わりに使用しないでください。特に中棒に大きな負担がかかり破損の原因となります。

  • 杖替わりに使用しないでください。特に中棒に大きな負担がかかり破損の原因となります。

  • 使い始めは生地の張りが強い場合がございます。傘を閉じるときには上ハジキに指を挟まないよう、十分にご注意ください。

    ※左手の親指と人差し指でロクロを押さえながら、
    中指でハジキを押して傘を閉じる。

  • 中棒にテープが貼ってある場合がございますが、こちらは骨による傷を防ぐためのものです。

晴雨兼用傘

使用時

  • 折りたたみ傘は、中棒を完全に引き出してから開いください。

  • 褪色の少ない染色を施していますが、紫外線の影響で色が薄くなります。

  • 台風や暴風雨、強風時に使用すると、骨が折れたり雨漏りしたりする場合がございます。

  • 構造上、完全な防水ではないため、長時間濡れた状態が続いたり激しい雨に当たり続けたりすると水が漏れる場合がございます。

  • 雨水を切る際は、ロクロを持ち軽く2、3回開閉してください。傘を激しく振ると骨に大きな負担がかかり破損の原因となります。

保管時

  • 雨傘として使用後は表面をタオル等でやさしく拭き取り十分に乾かしてください。湿気が傘の内部に残っていると骨のサビや中棒の腐食・変形の原因となります。また直射日光に長時間当て続けると生地が褪色いたしますので天日干しは行わず、必ず室内で乾燥してください。

  • 可能であれば連日のご使用は避け、使用した次の日はしっかり乾燥させるため休ませていただくと傘の寿命が延びます。

  • 長期間傘を閉じたまま直射日光や室内灯の下に置いておくと、光が当たった部分だけが褪色いたします。長期間使用しない際は紙袋などでくるみ暗所で保管してください。

日傘

使用時

  • 防水加工は施しておりません。雨傘としては使用しないでください。

  • レース部分は非常にデリケートです。引っかかるとほつれの原因となります。

  • 折りたたみ傘は、中棒を完全に引き出してから開いてください。

  • 褪色の少ない染色を施していますが、紫外線の影響で色が薄くなります。

保管時

  • 長期間傘を閉じたまま直射日光や室内灯の下に置いておくと、光が当たった部分だけが褪色いたします。長期間使用しない際は紙袋などでくるみ暗所で保管してください。

  • 基本的に水洗いはできません。